ビタミンe

ビタミンCとビタミンE、働き方の違い

ビタミンCとビタミンEの違いは?

同じ「ビタミン」でありながら、ビタミンCとビタミンEは、働き方では違う部分があります。ビタミンCもビタミンEも、体内の酸化を避け、防止するという効果はあります。しかしビタミンCが美白や殺菌作用があるのに比べ、ビタミンEはホルモンバランスの調整、という性格が強くいです。両方とも、美容のみならず健康にもよいという成分を持っていますが、少しずつ働きが違うのです。

ビタミンCとビタミンEの相乗効果

両方とも「体内の酸化を防止する」という働きを持っていますが、「どのように作用するか」は微妙に違います。ビタミンCは、自らが活性酸素と結合することによって、その数を減らさせます。しかしビタミンEは、生体膜の酸化を防ぐことによって貢献します。
まだ「推測」の段階ではありますが、ビタミンCがEを再生しているのではないか、と考えられています。結論として何が言いたいかというと、ビタミンCとビタミンEがあわさることによって、相乗効果が生まれるということです。これによって、体内の酸化を阻止することがより効率よく行うことができます。両方とも経口でとることもできますし、この二つが豊富な食材もたくさんあります。夏バテなどにも効果的に働くものもありますから、積極的にとっていきたいですね。
なお、ビタミンCは水溶性なので、残念なことに、ただ肌にのせるだけでは吸収されません。

 

ビタミンC誘導体、適切な濃度

ビタミンC、濃度を意識したことはありますか?

巷にあふれる、ビタミンC誘導体を配合したクリームやローション。これの濃度を意識したことはありますか?ビタミンCそれそのものは非常に繊細で、不安定な物質です。
また、肌に吸収されにくいというデメリットもあります。それゆえに「開発」されたビタミンC誘導体は、体内で酵素反応をおこし、それによってビタミンCに変化することができる、という成分です。これによって、ビタミンCは簡単に体内に取り込めるようになりました。
現在化粧品に使われている「ビタミンC」は、実際はこの「ビタミンC誘導体」を配合したものになります。そのため、一定の効果は期待できるでしょう。でも、それにも「濃度」があるんです。

高濃度=いいもの、か

ビタミンC誘導体は、基本的に濃度をあげればあげるほど効果があがります。ビタミンCの主な効果は美白ですから、高い濃度のものはその分、美白効果が期待できるというわけです。しかし現状では、普通の美白用コスメに含まれているビタミンC誘導体の濃度は、2パーセント程度とされています。これでも効果がないわけではないのですが、他の成分とあわさって、より効果的になる、という感じです。
医学利用のものは5パーセント程度です。
美白、というところに焦点をおいて探したいなら、4パーセント以上がいいでしょう。ただ、6パーセントを超えると刺激性が顕著になることはお忘れなく。