ビタミンe

化粧水の正体とは

疑問

 

年頃を迎え、社会人になり、毎日化粧をし、帰ってきて化粧を落として、顔を洗って、スキンケアをする――――もはやルーティンワークとなったその行動に、疑問をいだくひとはそう多くありません。
でも、待ってください。あなたが毎朝毎晩つけているその透明の水、それは一体「何」なんでしょう?化粧水、と呼ばれるそれの正体を、あなたはちゃんと知っているでしょうか?
化粧水は、保湿や滑らかさを生み出すことを目的で使うもので、有効な美容成分がたくさん入っています。この歴史は意外なほど古く、江戸時代にはすでに「浸透していて」、よく使われていたというのですから、驚きですよね!

 

肌荒れを防ぐ

 

一般的な化粧水は、肌荒れを防ぐ目的で使われます。肌に潤いを与えて、乾燥をふせぐためのものです。どのような化粧水であっても、そのうちの80パーセントは水分で構成されています。それから、保湿成分としてアルコールなどが配合されているケースが一般的です。
ときどき、「化粧水は本当は意味がない」という論調を見かけることがあります。この理論は、見ていると結構科学的でしっかりしていて、「そうなのかも」と思ってしまいます。そこで意を決して、自分の肌で試してみました。
一週間後、肌はもろに劣化……。もちろん、私というたった一人の結果だけでは何ともいえません。プラシーボ効果がない、とも言い切れませんしね。
ただ、多くのひとが化粧水を愛用しているところをみると、「ただの詐欺だ」と断定するのは、あまりに乱暴な気がします。

 

化粧水などの基礎化粧品は、特に30代以降はお肌のために非常に大切なスキンケアとなります。自分の肌に合ったものを使いたいですよね。

 

こちらのサイトでは、30代の基礎化粧品について専門的に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

30代の基礎化粧品、おすすめはこちら>>