日焼け対策で美白を目指す

日焼けは美白の大敵!しっかり紫外線対策をしたい!

日焼け防止は美白の基本!しっかり対策を

 

「美白になること」というと、私たちはついつい、「基礎化粧品」、あるいは「コスメ」のことを思い浮かべてしまいがちです。たとえば、洗顔剤をいいものに切り替える。あるいは、美容液を評判のよいものにしてみる。クリームも美白効果のあるものを選ぶ。ファンデーションは色白になるもの、でも首の色などとうかないものを使う。コンシーラーの効果的な利用方法を知る、などなど…。

 

これももちろん間違いではありません。ただ、それと同じくらいか、それ以上に大事になるのが、「日焼け防止」です。

 

 

紫外線の量について知りたい!

 

日焼けをすると、メラニンが作られます。これは、紫外線を「肌のダメージだ、肌を強くしなきゃ」という防衛反応によるものです。そう考えると邪険にするのがちょっとかわいそうになってくるのですが、美白にはいいものではありません。特に、海などに行ったときに起きる急激な日焼けというのは、基礎化粧品では治ることのないものです。

 

「紫外線は夏だけではない」というのは有名な話ですが、具体的にはどれくらいでているのでしょうか?

 

一番紫外線が多いとされているのは、盛夏ではなく、実は6月。ただ、5~9月までは、ほとんど同じくらいです。11~1月は夏の2/3程度、春は夏の4/5程度の量です。

 

もちろん、冬や春は夏場に比べて露出度も低いです。でも、少なくとも「顔」の対策は、一年を通じて必要ですよね。